心理教育・家族教室ネットワーク

The Japanese Network of Psychoeducation and Family Support Program

認定インストラクター

家族心理教育 認定インストラクター

※H28年度は現在のインストラクターを対象としたスキルアップ研修会を実施するため、インストラクター養成セミナーは開催いたしません。
次回のインストラクター養成セミナーは、H29年度に開催いたします(7月下旬~8月上旬)。

 

本ネットワークが標準とする共通の枠組みと内容を持った11時間の家族心理教育を実施できるスタッフを養成する研修会を実施できるインストラクターのことです。心理教育に一定の経験のある人が運営委員の推薦を受け、本ネットワーク主催の「家族心理教育インストラクター研修会」を受講することで、その資格が認定されます。
インストラクターは、各地で「標準版家族心理教育研修会」を開催することを通して、心理教育およびその基礎となっている精神科医療や治療、ケアに対する考え方を普及し、定着させることが役割として求められています。しかし、ただそれのみでなく、そのことにより当事者・家族の負担を軽減しQOLを改善していく活動の中核としての役割および心理教育・家族教室ネットワークにおいても積極的な役割を担うことも期待されています。

インストラクターになるためには??

1、ネットワーク運営委員
2、家族心理教育の実施経験やコンサルタントの経験が3年以上あり、運営委員が推薦するもの
(運営委員が身近にいない方は右記窓口にご相談ください。)
3、インストラクター研修を受講し終了されることで、インストラクターの資格を、得ることができます。

家族心理教育認定インストラクター名簿
(平成26年4月1日現在)

準備中